バンテイアスレイ遺跡&クバールスピアン(1日)S7

 ◎バンティアスレイ遺跡
別名「東洋のモナリザ」当時のアンコール王朝摂政の菩提寺として建立されたと言われ「女の砦」という意味を持つ寺院「バンテアイ・スレイ」。周囲が約400mの小寺院で、外壁は赤色砂岩とラテライト、屋根の一部にはレンガが使用された、アンコール遺跡の中でも群を抜いて洗練された優美な遺跡。
◎クバール・スピアン

楽しむハイキングコース

シェムリアップからバンテイアスレイ遺跡へ向かう道、クレーン山の北東に『川の源流』という意味をもつクバール・スピアンがある。クバールは頭、スピアンは橋という意味ですが、当時の名前には『千本のリンガの橋』という意味でした。1059年、ダヤーディティヤヴァルマン2世よって開かれた場所で、聖なるガンジス川になぞらえている。つまり、この水は沐浴すれば病気が治ったり、幸せになるということです。シェムリアップから片道で1時間10分、また、駐車場から遺跡まで1.5㎞、40分ほど山道を登らなければならない。

 

ツアーの時間は8:00から15:00まで

◎参加料金

 1名様参加料金US$90 

 2名様参加料金US$60
3名様~参加料金
US$40
※上記の料金は1名様の料金となります。
※遺跡入場券は別料金が必要です。

バンテアイ・スレイ

クバール・スピアン