バンティアスレイ&タ・プローム遺跡半日ツアー A6

◎バンティアスレイ遺跡
 別名「東洋のモナリザ」
当時のアンコール王朝摂政の菩提寺として建立されたと言われ「女の砦」という意味を持つ寺院「バンテアイ・スレイ」。
周囲が約400mの小寺院で、外壁は赤色砂岩とラテライト、屋根の一部にはレンガが使用された、アンコール遺跡の中でも群を抜いて洗練された優美な遺跡。

◎タプローム寺院
 1186
年、ジャヤヴァルマン七世が母のために造った僧院「タ・プロム」。
東西約1000m、南北約700mもの壁に囲まれた迷路のように入り組んだ広大な敷地の中にあり、巨大に成長したスポアンの樹が寺院に覆いかぶさる姿は圧巻。

 

ツアーの時間:

午前

7:30 出発

8:00-9:00 タプローム遺跡を見学(1時間)、
9:30-10:30 バンティアスレイ遺跡を見学(1時間)
11:40 ホテル到着予定。

午後

2:30  出発

3:00-4:00 タプローム遺跡を見学(1時間)

4:30-5:30  バンティアスレイ遺跡を見学(1時間)

6:30ホテル到着予定。

 参加料金

・1名様参加料金 US$70 

・2名様参加料金 US$40
・3名様~参加料金 US$30

 

☆上記の料金は1名様当たりの料金となります。

☆料金には車&ガイド代となります。

☆専用車+日本語ガイド貸切ツアーとなります。

☆遺跡入場券&お食事などは別料金となります。
12歳以下の子供はチャージをされません。



タプローム遺跡
タプローム遺跡